商品レビュー

review
公開日:2016/09/14 20:54:59

【生理痛専用薬】イブとエルペインの違いは?口コミと効果を検証しました。

LINEで送る
Pocket

CMで見かけた生理痛専用薬ですが、私の専用薬はイブ。では違いがどこにあるのだろうと調べてみる事にしました。

 

他にも、強い薬の印象のあるロキソニンなど、どの鎮痛剤を使っていいのか分からない方にもレベル別におすすめを簡単ですがまとめてみました。

 

 

そもそもの生理痛の仕組みや原因とは?

 

生理痛の痛みが起きる原因もさまざまですがほとんどがプロスタグランジンと呼ばれる物質が関係しています。

 

●プロスタグランジンとは?

 

生理痛や陣痛の痛みを引き起こす原因がプロスタグランジンと呼ばれる物質です。子宮収縮作用もあるため、プロスタグランジンが増えると痛みが大幅に増えます。

 

%e7%94%9f%e7%90%86%e7%97%9b%e3%81%ae%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf

参照*エルペイン

 

もともと生理は子宮内膜を外に排出する作業ですから、生理中はプロスタグランジンは分泌する仕組みになっています。生理痛が重たいと感じるのは、このプロスタグランジンが通常よりも多い状態だからです。

 

プロスタグランジンが増える原因は食事もですが、冷えが大きく関係しているでしょう。

冷えて血流が悪くなると、体は元に戻そうと血管拡張作用もするプロスタグランジンをせっせと分泌するようになります。

 

冷えれば冷えるほど痛みも増えると言った具合です。冷たいものを飲んだりした後は生理痛がひどくなるのは、冷たいものに反応して一時的にプロスタグランジンの量が増えているからです。

 

他にもストレスや疲れも影響しており、紫外線の影響でもプロスタグランジンが増えることがわかっています。

 

また、プロスタグランジンは腸内活動も活発にする働きがあるため、生理前はPMS(月経前症候群)で腸がむくんで便秘だったのに、生理が来た途端下痢になるなんて女性もいるのではないでしょうか?

 

生理や出産に必要な分泌物とはいえ、あまりありがたいとは思えないですよね。

 

日本唯一☆生理痛専用薬L・PAIN(エルペイン)の特徴

 

エルペイン

 

ではそんなプロスタグランジンの分泌を抑えるには食事やストレス発散などが効果がありますが、仕事中のストレスは人それぞれだし、一人暮らしだったらなかなかパーフェクトな食事を作るのは難しいのが現実です。

 

そこで役立つのが痛み止めということです。

エルペインの成分を見てみましょう。

 

 全成分 

●イブプロフェン…150mg

●ブチルスコボラミン臭化物…10mg

<添加物>

乳頭、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒブロメロース、無水ケイ酸、クロスカルメロースNa、タルク、トリアセチン、酸化チタン、三二酸化鉄、カルナウバロウ

 

イブプロフェンは代表的な痛み止め成分です。プロスタグランジンの分泌量を抑えるため生理痛が緩和されていきます。

 

ちなみに、頭痛の原因の一つにもプロスタグランジンが関わっていることがあるので、エルペインを普段の頭痛で服用しても効果が期待できます。ただ、片頭痛や肩こりからくるような頭痛には効果がほとんどないため注意してください。

 

プチルスコボラミン臭化物は、活発に動く腸の動きを直接抑えてくれる働きがあります。成分の説明によると、子宮の過剰な収縮にも効果があるため、イブプロフェンとブチルスコボラミン臭化物で、痛いと感じる物質と、直接的な動きの両方を抑えることができるのです。

 

 

イブとエルペインの違い

 

イブ

 

一番肝心なところですね。

ドラッグストアに行ってたくさんの鎮痛剤を見つけて、その中に生理痛専用薬とあったらそちらの方が効くのかな?なんて思ったりしませんか?

 

イブ、バファリン、最近は格安で買えるアダムなんてものもありますよね。

今回は種類が多く出ているイブと比べてみましょう。

  イブ エルペイン
成分

●イブプロフェン

●アリルイソプロピルアセチル尿素

●無水カフェイン

●イブプロフェン

●ブチルスコボラミン臭化物

 

イブプロフェン以外は違いますよね。イブが生理痛に聞くのはエルペインと同じイブプロフェンが配合されているからです。

 

通常のイブであればイブプロフェンも同じ150mgですが、イブA錠EXなら200mg配合されているので、痛みを緩和する上で言えば、そちらの方が強くなります。

 

アリルイソプロピルアセチル尿素はイブプロフェンの効果を上げる効果があります。

無水カフェインは血管の拡張を抑えてイブプロフェンの効果を上げてくれます。

 

イブの場合、解熱作用もあるので手足の冷えがひどくなる可能性があります。

また、イブにはカフェインが入っていますが、鎮痛作用の効果を高める作用で眠気が起きる可能性があります。その点エルペインには眠くなる成分は入っていないので眠くなることがありません。

 

運転することが多かったり、テスト勉強など集中力が必要な時はイブよりもエルペインがいいかもしれませんね。

 

ロキソニンとはまた違うの?

 

ロキソニン

 

では市販薬で最強の鎮痛剤だと思われるロキソニンはどうなのか。

ちなみに私はなぜかロキソニンよりイブが効きます。頭でそう思っている分プラシーボ効果があるのかもしれませんが、探してみると以外とそういう方も多いみたいです。

 

ロキソニンはロキソプロフェンナトリウム水和物と言われるイブプロフェンと同じ種類の成分が使われています。

違いとしては、ロキソニンは原則として1日2回までしか服用できないということ。

他の鎮痛剤は4時間あけたり、1日3回であれば飲んでも大丈夫と記載されているものがほとんどです。

 

もともとロキソニンは病院でしか処方されていなかったので、少し成分を少なくしてあるとはいえ、市販薬の中では強い鎮痛剤だと思います。

 

眠気成分は含まれていませんが眠くなることが考えられるので、やはり集中力が必要な時はエルペイン、生理痛で夜中起きてしまう場合は寝る前はロキソニンと言った具合に使い分けるといいかもしれません。

 

結局生理痛のときはどの薬を使えば良いの?

 

たくさんの薬

 

違いは紹介してきましたが、じゃぁ結局どの鎮痛剤が一番いいのかといいますと

”人それぞれ”

 

すごく適当で申し訳ないのですが、実際に最強のロキソニンが私はそこまで効果がなく、生理痛も頭痛もイブの方が30分するとスッと痛みが消えてくれます。

 

逆にロキソニンは気持ち痛みが残ると言ったイメージがあります。

けれど私より生理痛が酷い妹はロキソニンが効くけどイブは全く効かないと言っているので、本当に人それぞれです。

 

なのでエルペインに関しても、イブにもロキソニンにも含まれていない腸に働きかける特殊な成分が配合されていますので、合う人にはぴったり合う鎮痛剤だと思います。

 

試すべき順序としては

「エルペイン➡︎イブ(その他)➡︎ロキソニン」

がおすすめ。

 

やはり強いと言われている鎮痛剤を常飲していると、体がそれにだんだんと慣れてくる可能性を考慮しなければなりません。

なのでまずは専用薬。ダメなら今までのものを。それでもやはりきついと感じる場合はロキソニンといった具合に試してください。

 

ただしどれを試しても痛みが酷い場合、ただの生理痛ではなく、月経困難症と呼ばれる病気であることがあります。他にも子宮内膜症といった病気が隠れていることがありますので、市販薬に頼らず定期健診も受けるようにしてください。

 

飲む際の注意点は、胃が空っぽの状態で飲まないこと。

仮に胃が空っぽだった場合も、多めに水を飲むようにしてください。胃が荒れてしまいます。

 

もちろん、鎮痛剤に頼らず生理痛を緩和させる方法もあるのでそちらもお試しください。

生理痛を緩和せる方法まとめはこちら

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)