婦人病・その他

column
公開日:2015/05/31 09:54:22

チョコレート嚢胞(子宮内膜症性卵巣嚢胞)とは?症状、原因、治療法まとめ

LINEで送る
Pocket

毎月やってくる生理痛(月経痛)が回数を重ねるごとに酷くなっている。そんな方は子宮内膜症を疑った方がいいと言われています。そして子宮内膜症が卵巣にできていた場合、チョコレート嚢胞(子宮内膜症性卵巣嚢胞)になっている事があります。今回はチョコレート嚢胞について症状や治療法をご紹介したいと思います。

 

bombones-chocolate-cute-dark-Favim.com-2375033

 

チョコレート嚢胞(子宮内膜症性卵巣嚢胞)とは

 

子宮内膜症についてはこちら

 

子宮内膜症の症状が卵巣で起きた場合、卵巣内で生理(月経)と同じく剥離と生成を繰り返します。本来ならば子宮にできた子宮内膜は外に経血として排出されるのですが、卵巣内では外に排出される事ができません。

 

その為、毎月生理が来る度に卵巣内に剥がれた子宮内膜が溜まって行きます。 血が固まった後は赤黒い色になりますよね。卵巣内で溜まった子宮内膜を取り出すとき、赤黒く丸いが故に、その様がチョコレートのように見える事からチョコレート嚢胞と呼ばれるようになりました。

 

卵巣部分が子宮内膜でパンパンになれば、卵子を作るのに邪魔が入りますので不妊症の原因になります。 また、近年チョコレート嚢胞が卵巣がんの原因になる事も分かっており、適切な診察処置が大事になってきました。

 

001

参照:知って得する病気の知識

 

チョコレート嚢胞(子宮内膜症性卵巣嚢胞)の症状

 

基本的には段々と卵巣が大きくなって行く為、毎月酷くなる生理痛や普段からの腹痛が主な症状です。さらにSEX時に痛みを伴うこともあります。

 

もちろん、症状が酷くなっていれば卵子が育ちませんので不妊も症状の一つになります。 酷い例ですとチョコレート嚢胞に気付かずに放っていたり、かかりつけの医者の対応が悪く、経過観察ばかりで卵巣が破裂してしまう事が稀にあります。

 

この場合は失神するような激痛が走る事もありますし、運が悪ければ卵巣&子宮の全摘出など、妊娠を望んでいるのにも関わらず、妊娠ができないカラダになってしまう可能性があります。

 

破裂しなくとも子宮内膜症の症状は段々と広がり、卵巣だけでなく骨盤などにも癒着が始まり、最終的には臓器との区別が着かなくなってしまう凍結骨盤の状態になります。

 

<症状>

 

●段々と酷くなる生理痛(月経痛)

●生理以外での下腹部痛

●突然の下腹部の激しい痛み

●性交痛

●不妊

 

チョコレート嚢胞(子宮内膜症性卵巣嚢胞)の原因

 

子宮内膜症の原因は、はっきりとした事は分かっていません。しかし、何らかの原因で経血が子宮内に逆流することが原因ではないかと言われています。逆流した経血が卵管を通り卵巣までたどり着いた事で、子宮内膜が癒着し、毎月生理と一緒に剥離と生成を繰り返します。

 

<原因>

 

●経血の逆流

●子宮内膜に似た細胞がなんらかの原因で子宮内膜症に化ける

●ストレス

 

Lifehacker_201109_110904noworryforcrying

 

チョコレート嚢胞(子宮内膜症性卵巣嚢胞)の治療法

 

小さなチョコレート嚢胞に大しては低容量ピルやホルモン剤での治療、ディナゲストといった子宮内膜症専用の薬で薬物治療をする事ができます。

 

しかし、治療中の妊娠は難しい為、患部が小さいうちに妊娠を望んでいるようであれば、先に不妊治療などで妊娠することを最優先する場合もあります。理由は、妊娠する事で生理(月経)が止まり、その間はチョコレート嚢胞は大きくなることがないからです。

 

うまく行けばカラダに子宮内膜が吸収されたり、出産時に一緒に外に排出されて完治する事もあります。

 

matanity2_soft1

 

また、卵巣が4〜5センチ以上膨らんでしまっていた場合は、手術療法でチョコレート嚢胞を取り出す事が必要になります。

 

しかし、嚢胞だけを取り出す核出術の場合、癒着部分が残っていたり、他の理由で再発してしまう可能性が20〜30%ほどあります。嚢胞の大きさや年齢、妊娠の希望など本人のライフプランによっては卵巣ごと摘出してしまうこともあります。

 

この場合、卵巣部分への再発はなくなりますが、他の子宮などにできる事もありますので、定期的な検査は受けておきましょう。

 

<治療>

 

●薬物療法(低容量ピル、ダナゾール、GnRHアゴニスト、漢方)

●手術療法(開腹手術、腹腔鏡手術)

 

※腹腔鏡手術とは、お腹に2〜3カ所小さな穴を空けて内視鏡を使って手術をします。

 

チョコレート嚢胞(子宮内膜症性卵巣嚢胞)の予防

 

子宮内膜症と同じ予防にはなりますが、昼夜逆転などカラダに悪いと思う事はしないようにしましょう。

 

特に女性にとって「冷え」はPMS(月経前症候群)や更年期障害、不妊にも繋がる症状です。カラダを常に温めて健康なカラダ作りをしましょう。

 

また、自分は大丈夫だと思わずに定期的に婦人科・産婦人科に受診する事をおすすめします。

 

<予防>

 

●規則正しい生活

●バランスの取れた食生活

●無理なダイエット

●ストレスを溜めない

●タバコや飲酒などは控える

●ピルの服用

●生理中のSEXは行わない

●冷えの改善

●定期的な健康診断  

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)