商品レビュー

review
公開日:2016/01/09 20:49:49

そんなナプキンもあるの!?おもしろ生理用品まとめ

LINEで送る
Pocket

通常私たちがドラッグストアで使っているナプキンやタンポンたちですが、世の中には自分が知らない生理用品があふれているものです。今自分が使っているナプキンが肌に合わなかったり、仕事柄タンポンを使っているけれど不安がある方など、これを機に新しい生理用品に出会えるきっかけになればと思います。

 

 

布ナプキン

 

img_product104

公式サイトはこちら

 

ナプキンのオーガニック、肌にやさしいものといえば布ナプキンです。最近は最注目もあび、非常に多くの布ナプキンが販売されています。

 

◆ナプキンをすることで、むれてかぶれてしまう

◆ナプキンからの臭いが嫌い

◆生理痛が重い

 

こういった方にはとても布ナプキンが合っています。敏感肌の方は、生理中が最も肌がデリケートになる時期なので、これに化学繊維のはいった布ナプキンが、触れたり摩擦することでかぶれがひどくなっている可能性があるのです。

 

デメリットとしては、外出先で交換したものはずっと専用のナプキン入れに入れて持ち歩かなければいけないこと、しっかり洗ってしっかり干さなければ、布ナプキン事態に雑菌が湧いて逆に不潔になってしまうことがあげられます。

 

性格がまめな方のほうが向いている生理用品かもしれません。

 

布ナプキンについてはこちら

 

月経カップ

 

41WGqVZ+FkL._SX425_

公式サイトはこちら

 

タンポンの次世代版が月経カップです。

タンポンは長時間使用することで、膣内で雑菌が繁殖しトキシックショック症候群を発症させる恐れがあることがわかっています。

 

これは急激に気分が悪くなったり、失神したり最悪死に至る危険な突発性の病気です。普段からトキシック症候群を回避するためには、タンポンの使用は最高6時間に留めておき、量が少なくなってきたらナプキンに切り替えるなど対策をとっておきましょう。

 

月経カップであれば、シリコン素材で作られており、いいものになれば医療用シリコン100%と純度が非常に高く安全なものが存在しています。

 

月経カップの使用方法は、膣内に月経カップを挿入し、直接経血を受け止め、交換の際はトイレで経血を捨てたら、ササッと拭いてまたすぐに着用します。

 

どの生理用品よりも、コスパもエコも大満足のグッズなんです。

 

デメリットは、月経カップを取り出す際にどうしても指を軽く膣内にいれるため、指に必ず経血がついてしまいます。さらに経血を直視するため、血が苦手な方は難しいかもしれません。

 

また、初めて月経カップを使用する際はコツが必要になるため、習得するまでに何回か経血をこぼしてしまったりと失敗を重ねる可能性もあります。

 

月経カップについてはこちら

 

直張りナプキン

 

51yPQR7gnOL._SY355_

公式サイトはこちら

 

ナプキンは下着に張り付けるもの。いいえ、ナプキンは時には直接皮膚に張り付いてしまいます。

 

◆パンツスタイルでラインを出したくない

◆長時間動けない

 

2日目の量が多い日に、長時間の仕事が離れられないときなどに使用できるソフィシンクロフィットプラスオン。2時間程度の給水量があるので、プラスワン+普通のナプキンで、さらに長時間の対応ができます。

 

しかも使い終わったものはそのままトイレに流せちゃうので、手が汚れる心配もなしです!

 

流せるナプキン

 

51UJ7CUCQhL._SY355_

公式サイトはこちら

 

◆出先でナプキンを捨てるサニタリーボックスがなかった経験がある

◆ごみを出したくない

 

こんな方におすすめなのがトイレで流せるナプキンたち。使い終わったものは、くるくるっとトイレットペーパーで丸めてトイレにそのまま流してしまえばOKな簡単作業!

 

メーカーにもよりますが、外包もテープシートもすべて流せる優れものです。

 

おむつ型

 

912Pt90YOcL._SY355_

公式サイトはこちら

 

◆経血量が多くて、夜寝るときに背中まで漏れてしまって困っている。

◆前のほうもよく漏れて困っている

◆おなかが冷えやすい

◆長時間ナプキンが交換できない予定がある

 

こんなかたに使ってもらいたいのがおむつ型のナプキン。お腹まですっぽり履いて、ものすごく安心感のあるナプキンになります。

 

不安な夜を過ごすことが多い女性には、絶対に1度は試してもらいたい商品です。

 

生理用防水シーツ

 

81FuEyrA9dL._SY355_

公式サイトはこちら

 

◆何度も漏れてベッドを汚したことがある

◆突然始まってベッドを汚したことがある

 

こういう方におすすめなのが、ベッドに敷いておく生理用防水シーツです。

 

使い捨てでちょっとお高めではありますが、夜中に生理が始まってしまったものは誰にもとめることはできません。事前にしいておけば、シーツを買い替えたり、マットにしみる心配もこれから先なくなります。

 

Tバック用おりものシート

 

51wplQzQbIL._SX425_

公式サイトはこちら

 

◆ドレス着用などでTバックを普段はきたいけれど、おりものが多い

◆普段Tバックで、生理予定あたりに下着を汚さないように予防したい

 

Tバックを愛する女性に朗報なのが、Tバック専用おりものシートです。

捜したところ、布ナプキンでもTバック専用のものがありましたので、どこまでも生理とおしゃれが楽しめる時代になったと実感しました。むれるのが心配なかたは、布ナプキンをおすすめします。

 

Tバック布ナプキンサイトはこちら

 

彼の家にサニタリーボックスがない場合の便利グッズ

 

313JMugBUpL

公式サイトはこちら

 

◆彼の家にサニタリーボックスが置いていないけど、置いていいか聞けない

◆出先でサニタリーボックスがなかったことがある

◆外にナプキンを捨てることに抵抗がある

 

この場合、ナプキンを外出先でもしっかり防臭してくれる専用袋が存在しています。袋にいれたナプキンを、そのまま自宅に持ち帰って捨てることができるので、持ち帰ってまた袋から取り出す心配もありません。

 

普段店頭に見かけない便利生理用品が、ここまで増えていることに驚きました。

生理に関する悩みは人それぞれで、どう対処していいのかわからないこともあるでしょう。それぞれの悩みにピシャッとあてはまるグッズが手に入るように願っています。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)