カラダとココロに関する悩み・質問

qa
公開日:2015/09/29 18:46:51

チェストベリーとチェストツリーは違う成分ですか?

LINEで送る
Pocket

サプリメントやお薬によって、チェストベリーとかチェストツリーと記載しているので、どちらを飲んだら良いのか分かりません。配合量もそれぞれ違うようですし、どう初めて良いのかわかりません。

LINEで送る
Pocket

チェストベリーもチェストツリーも同じ成分です。

確かに、商品によってはチェストベリーと記載してあったり、チェストツリーと記載してあるため、どっちがどっちなのか分からなくなりますよね。

 

答えは両方同じ成分です。チェストツリーから取れた果実がチェストベリーになるため、原料の植物名が記載されているか、果実そのものの名前が記載されているかの違いになります。

 

配合されているものは、全て実の部分、つまりチェストベリーエキスになります。

 

chastetree-546x364

 

これが原料のチェストツリーです。ヨーロッパから中央アジアと広く分布しています。

 

cyesuto300-300-7

 

そしてこれが大本命のチェストベリーです。

 

ここから抽出したエキスには、女性ホルモン中の黄体ホルモンを分泌促進させる働きがあります。それによって、崩れていた女性ホルモンのバランスが取れるようになり、PMS(月経前症候群)や月経痛(生理痛)の改善に繋がります。

 

チェストベリーの1日の摂取上限は40mgです。

 

大量、過剰摂取をする事で顔がテカテカでニキビが出来たり、カラダに様々なものを溜め込む性質から太りやすくなる可能性があります。水分も溜め込み始める為、むくみで頭が重かったり、ぼーっとしたりする事が増え、最終的にはうつになる事もあるんです。

 

また、月経(生理)が来る前に黄体ホルモンは減って行くのですが、これがずっと多いままを維持する事で月経(生理)が遅れてしまったり、古い内膜が剥がれて不正出血を起こすなどのトラブルも怒ります。

 

必ず接種する際は規定量を守る事を忘れないようにしてください。PMS(月経前症候群)に良いからと、自己流で容量を変える事で、逆にホルモンバランスを崩してしまう恐れがあるのです。

 

large-2

 

それから、注意してもらいたいのが妊娠中の方です。妊娠を維持するホルモンは、黄体ホルモンなのですが、妊娠をすれば通常黄体ホルモンが自然と分泌されるため、これにプラスで黄体ホルモンを接種すると過剰摂取となり副作用が現れる事があります。

 

ですが、人によっては、黄体機能不全といって黄体ホルモンが安定せず、流産しやすいタイプの方もいます。この場合、病院で直接黄体ホルモンを投与したり、医師のアドバイスの元でチェストベリーを服用される方もいるようです。

 

では、どのチェストツリー、チェストベリーを配合されたサプリメントが良いのかといいますと、まずは配合量のチェックをしましょう。商品ごとにかなり量にばらつきがあります。

 

large-3

 

次に、自分は薬が効きやすいタイプなのか、わからないのか、そういった面を見て行きます。病院から処方してもらう薬で副作用がでたり、胃腸が弱いタイプであったりしたばあい、いきなりがっつりと40mgのチェストベリーが配合された商品を試すのは避けた方が良いかもしれません。

 

少し少なめに設定してあるものを購入し、効果が感じられなければ量を増やすといった風に順序よく勧めて行きましょう。

 

副作用と行ったものに無縁の方は、始めからチェストベリー40mgが配合された薬やサプリメントを服用してください。

 

最後に、サプリメントにはチェストベリー以外にも、様々なハーブなどを配合されているものが数多くあります。それらを見て、自分が抱えているPMS(月経前症候群)改善にあった成分が配合されているものを選びましょう。

 

とにかくチェストベリーだけで試してみたい場合は医薬品のプレフェミンを。
普段不足しがちな成分などの自覚がある方はサプリメントを選ぶようにしてください。

 

PMS(月経前症候群)改善薬&サプリメントランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)