婦人病・その他

column
公開日:2015/11/14 00:09:51

敏感肌&乾燥肌さん集まれ!季節の変わり目の肌荒れを治すベストケア伝授★

LINEで送る
Pocket

元々敏感肌と乾燥肌だけど、春から夏へ、秋から冬に変わる季節の変わり目になると、いつも以上に肌荒れが酷くて困っている。そんな敏感肌と乾燥肌の季節の変わり目肌荒れの原因と、簡単肌ケア方法をまとめてみました。

 

目次

 

季節の変わり目、肌にこんな症状が出る方へ

 

●顔や二の腕など部分的な箇所が乾燥してガサガサになる

●顔に吹き出物がたくさんできる

●顔がざらつく

●化粧乗りが悪い

●アレルギーや肌荒れが一気に酷くなる

●胸に赤いポチポチ、ブツブツができる

●唇の皮が剥けだす

 

どうして季節の変わり目は肌が荒れやすいのか

 

large-9

 

敏感肌タイプの方は、季節の変わり目になると生理周期関係なく肌荒れを起こしがちです。1日で吹き出物が3〜4個増えたりなんていつものこと、なんて諦めている方も多いのではないでしょうか?

 

私自身、元々アトピー肌で完治はしても、今も敏感&乾燥肌で絶賛お悩み中です。若い頃から中々自分に合う化粧品に出会えず、悩んでいる間に年齢は重なり、年齢と共に悩みも変わってきますので、肌の調子が良い時は日々様々な化粧品を試すようにしています。

 

ではどうして季節の変わり目になると肌の調子が安定せず、肌荒れを起こしやすいのか。

 

<春にかけての肌荒れ>

 

large-10

 

冬が明けて、暖かい春の日差しに憧れて外出が増えるこの時期、気付いたら胸に湿疹ができたり、おでこやアゴに吹き出物がガンガン出てくる。慌ててビタミン剤を飲んでも治らない…。それにはこんな理由がありました。

 

紫外線

 

large-1

 

紫外線対策、春から本腰を入れて行う女性は以外と少ないのが現実です。CMもニュースの紫外線予報も、6月頃から取り入れられる事が多いため、気を抜いてしまいがち。

 

冬ももちろん紫外線は降り注いでいるのですが、3〜4月の暖かい陽気の日は、冬の時期の倍は紫外線って出てるんです。さらに冬の乾燥した期間を過ごしてきた為、肌のバリア機能が強い紫外線に耐えうる状態になっていません。

 

この状態の時に、突然暖かくなって紫外線を浴びまくれば、皮膚に炎症が起こるのは当たり前のことですよね。

 

さらに紫外線により敏感になった肌は、髪の毛の先がチョンチョンと当たっただけで、簡単に炎症を起こし吹き出物ができます。頬や首、おでこなどに一気に吹き出物ができる方は、髪をくくったり、前髪をアップさせてみるなど対策を取ってみましょう。

 

花粉やホコリ

 

large-11

 

春と言えば花粉。この時期はもの凄い数の花粉が飛び交っています。春一番などとも言われますが、風も強くなる春先は、さらに冬に引き続き乾燥した空気を保っている為、ホコリなども一緒に舞い放題!

 

これを聞くだけでも肌荒れ確実な気がしてきますよね。乾燥でバリア機能の失われた肌に、害のある空気中の成分が付着する事で、アレルギー反応を起こして肌が真っ赤になってしまいます。

 

この状態で、よかれと思って化粧品やパックををたっぷりつける方がかなり多いかと思うのですが、化粧品やスキンケア方法を間違うと、逆に肌荒れを助長させてしまうこともあります。あまりにも酷い場合は、市販の化粧品に頼るのではなく、皮膚科を受診する事で将来のシミやシワ予防にもなることを覚えておきましょう。

 

アレルギーは今まで何事もなかった方でも、その時の疲労度やストレス、女性ホルモンの乱れなど、条件が揃えば突然発症する事が十分に考えられます。私は大丈夫!と思っているスキを持ってはいけません。日頃からのスキンケアを怠らないようにしましょう。

 

気温の変化による自律神経の乱れ

 

dsc_1395cs

 

今日はあったかいな♡…今日は真冬並みに寒い!!

こんな事が春先は頻繁に起こりますよね。この温度差にやられて風邪を引く方も多いかと思うのですが、気温差にさらされると乱れるのが自律神経です。

 

自律神経の乱れは肌荒れを引き起こしやすく、アレルギー症状も強く出る傾向があります。そのため、花粉症や動物、食品など、元々アレルギーの自覚がある方は十分に気をつけなければいけません。

 

これは生理前の女性ホルモンの乱れと似たような症状です。PMS(月経前症候群)であれが、生理が終われば肌荒れも治まるのですが、気温差からきている自律神経の乱れの場合は、生理周期関係なく肌荒れを引き起こします。

 

さらには肌荒れに留まらず、精神面にも強く影響をあたえ、うつ症状が現れる事も…。春先、気が滅入りがちなかたは、自律神経を整える食事やストレッチを行う事を強くおすすめします。

 

<秋にかけての肌荒れ>

 

large-13

 

夏が終わり、ようやく涼しくなってきた…。あれ?生理が終わったのにおでこの吹き出物が止まらない!!全身が痒い!!冬の入り口は将来の老化に最も関わってくるとっても大事な時期だったんです。

 

夏のダメージのしわ寄せ

 

large-14

 

肌にはターンオーバーというものが存在しており、日をかけて段々と新しい皮膚に生まれ変わります。顔のターンオーバーは大体28日です。

 

年齢や老化とともにターンオーバーの日数は増えて行くのですが、夏場の紫外線予防に手を抜いていると、ターンオーバーに合わせて秋から冬にどっとそのしわ寄せがやってきます。これが秋の肌荒れの原因です。

 

ここでさらに夏が終わったからと秋冬のお手入れを怠ると、しわ寄せは段々と蓄積され、シミ、シワ、たるみ、毛穴の開きなど、様々な肌トラブルに関与してきます。

 

乾燥

 

large-15

 

秋から冬にかけて面倒なのが乾燥です。乾燥肌の人は、いくら保湿しても顔やカラダがガサガサしてしょうがないという方もいるでしょう。これに加え、がさつくのに何故か吹き出物が止まらないという方も多いはず。

 

なぜなら乾燥すると、肌は顔を潤そうと皮脂を分泌します。一見肌が勝手に頑張ってくれるなら良くない?と思いがちですが、皮脂がちょうど良く分泌される事はほとんどなく、大半が通常よりも多く分泌されます。ニキビや吹き出物ができて当たり前なんです。

 

さらに分泌する量の場所は均等ではありませんので、おでこや鼻といったTゾーンに集中してできたりと、あっちは乾燥しているのにこっちは脂ギッシュといった混合肌寄りになっていきます。

 

乾燥は冬に限らず、顔の洗いすぎはターンオーバーを自分で早め、新しい皮膚までも削り取ってしまうため、夏場でも乾燥を引き起こします。夏場に汗や皮脂でニキビや吹き出物ができているのかと思いきや、まさかの夏の乾燥肌だったということはよくある話です。

 

脂ギッシュだから吹き出物ができるのではなく、乾燥しているから吹き出物ができるのです。

 

また、乾燥により皮膚が薄くなった肌は、バリア機能が著しく損なわれ、ちょっとした刺激でアレルギーなどを引き起こします。そのため、今まで使っていた化粧品が合わなくなって顔に蕁麻疹のような発疹がでることもあるのです。

 

もちろん、乾燥はシワの重大な原因の一つです。放置しておくと、目に見えない小じわがだんだんと増え、最終的には大きなシワに成長して行きます。対処が遅ければ保湿をしていても老化によりターンオーバーが遅くなり、シミも蓄積されて段々と増えて行く事でしょう。

 

気温差による自律神経の乱れ

 

large-16

 

朝方急激に寒くなって、起きると喉をやられて風邪をひいた…。10月頃になると必ず風邪を引く、なんて方も多いはず。

 

この時期の気温差は、風邪だけでなく自律神経の乱れに繋がります。これに加え、疲れやストレスが溜まる事で、肌荒れ以外にも頭痛や食欲不振、微熱といった事が続く事もあります。

 

最近元気が出ないな…と思ったり、アゴの吹き出物が止まらない方などは自律神経の乱れを疑ってください。

 

春にかけての肌荒れ改善策

 

large-17

 

せっかく暖かくなるのですから、肌荒れも起こさず明るい毎日を過ごしたいですよね。

 

紫外線予防を

 

large-18

 

本来なら季節関係なく紫外線予防は毎日行ってほしいのですが、普段あまり気にしていないという方でも、3月辺りからしっかりと日焼け止めを塗って紫外線予防をするようにしてください。

 

きちんと紫外線を遮る事で肌に刺激を与えずに済みます。

 

保湿

 

large-19

 

春にかけての肌荒れは、冬の間にしっかりと保湿を行っておく事が大切になります。

 

冬の間に乾燥させっぱなしにしておくと、シワなどの原因にもなりますが、春先になって紫外線や花粉などと戦う準備ができていなければ、すぐに顔に吹き出物ができやすくなります。

 

もう肌荒れを起こしちゃった…というかたは、白色ワセリンや無印の高濃度保湿剤といった、刺激物や不純物が含まれていないものを使って保湿を行うようにしてください。

 

秋にかけての肌荒れ改善策

 

large-20

 

夏に刺激を受けた肌を改善するには、保湿が第一。さらには寒くて肌が冷えてしまいますので、皮膚の代謝も挙げて上げると効果が実感できます。

 

保湿

 

large-21

 

冬=保湿かと思うので、ほとんどの女性はしっかりと保湿を行っているかと思います。季節の変わり目だからこそ、気を抜かずに毎日しっかりと保湿をしてあげれば、肌バランスが崩れる事なく季節の変わり目の肌荒れを乗り切る事ができるようになります。

 

洗顔はしすぎない事。できれば化粧品はお湯で簡単に落とせるようなオーガニック化粧品を使い、落とす時も乾燥を助長させるオイルではなく、クリームやジェルのクレンジングを使うようにしましょう。

 

夜はぬるま湯で化粧の汚れを落とし、朝は水で軽く顔の汚れを落とす程度でOK!

 

化粧水は躊躇せずにたっぷりとつけ、水分が逃げてしまわないようにクリームでしっかりとフタをします。肌荒れを起こしている時は無理に今使っている化粧品を使わず、春先と同様に白色ワセリンを使うようにしましょう。

 

お風呂に浸かる、顔のタッピングを

 

large-22

 

冬は冷えによって血流が悪くなり老廃物が溜まりがちです。顔もむくみやすくなり、老廃物がたまれば肌荒れも起こりやすくなります。

 

全身の血流を良くし、冬でも汗をたくさんかいておきましょう!

 

また、顔にはたくさんのツボがたくさんあります。指で軽く顔を顔全体をポンポンとするタッピングと呼ばれるマッサージだけでツボが刺激され、自律神経の乱れを元に戻してくれます。

 

【足のマッサージ】

 

 

【顔のタッピング方法】

 

 

おすすめスキンケア方法

 

 

肌荒れが気になっているときに行ってほしいスキンケア方法をまとめてみました。

 

肌の代謝を上げる

 

large-3

 

代謝を上げるにはお風呂に浸かりながらマッサージをするのが1番です!

 

入浴自体が自律神経の乱れを改善する上、冷えは女性ホルモンの乱れにも繋がりPMS(月経前症候群)や生理痛の原因にもなります。健康体に近づきながら美肌もゲットできる。お風呂にはすばらしい力が込められています。

 

好きなアロマを1〜2滴垂らすのもリラックス効果を上げて効果的ですよ。

 

お風呂から上がった後は、顔のリンパマッサージを行う事もおすすめします。老廃物が顔に溜まっているとそれだけで肌荒れや老化の原因に繋がります。

 

【顔のマッサージ】

 

 

 

ワセリンで簡単保湿

 

large-4

 

季節の変わり目関係なく保湿は1年を通して行うようにしましょう。

 

私のおすすめ保湿方法は、お風呂上がりに行う先行美容液で有名なアスタリフトのジェリーアクアリスタを使う事です。化粧水よりも先に塗るこのジェリーには、たっぷりのうるおい成分が配合されており、アンチエイジングには欠かせない商品になっています。

 

公式サイトはこちら

banner_300x250

 

元々化粧品メーカーに勤めていたので様々な店舗や他メーカーとの情報交換を行いましたが、どこにいってもこのジェリーだけは使っておけ!!と言われ、なぜ製造元はカメラ屋である富士フイルムなんだと思いながらお試しセットを半信半疑で購入。

 

使ったすぐは普通の美容液じゃないか?と思っていたのですが、次の日の化粧乗りで一目瞭然でした。たった1日で効果がここまで出るものなのか!?と驚きを隠せなかったです。

 

さすが富士フイルム!!と速攻手のひら返しをした事は内緒ですよ。笑

 

ですがこれだけでは保湿は不十分です。そう、これらの保湿成分を閉じ込めておくラップの役割、クリームが必要なんです。もちろん、本来ならアスタリフトの乳液やクリームといったシリーズものを購入して付けるべきなんでしょうが、全種類集めていたらお金がいくらあってもたりません。

 

そこで、私はうるおいを逃がさない為に使うのが白色ワセリンです。

 

公式サイトはこちら

100000001002272585_10204_001

 

近くのドラッグストアで購入できるもので、第3類医薬品になります。値段は量やお店にもよりますが、1番安いと400円ぐらいで手に入ります。効能は皮膚の保護効果です。こちらをクリームの代わりに代用します。

 

あれ、私このワセリン使ってるよ?

 

94411

 

残念ながら通常のヴァセリンですと、不純物がまだまだ多くふくまれているため黄色く透明度がありません。この場合、敏感になっている肌に使用する事は私はおすすめしません。その点、白色ワセリンは不純物を取り除いたものなので肌荒れしている状態の肌にはピッタリのものです。

 

もちろん、ヴァセリンの中でも純度の高いものは存在していますが、国産品を選ぶのであれば白色ワセリンが1番使いやすいかと思います。

 

また、高くても良いからもっと品質の良いもののが使いたい!そんな方におすすめなのはサンホワイトの白色ワセリンです。ワセリンの種類の中では不純物の数値が格段と違います。

 

私は1年を通してこちらを使っています。購入できるのはネット、現地であれば東急ハンズや指定薬局で購入する事ができます。

 

サンホワイト購入可能薬局一覧

 

公式サイトはこちら

p_01

 

<使い方と注意点>

 

つけすぎは肌の呼吸の妨げになり、逆に肌荒れを引き起こす可能性があるため厳禁です。

 

①美容液をつける

②まだ塗れているその指に、米粒大ぐらいのワセリンを出して引き延ばす

 

P1060248

 

たったこれだけです。ポイントは必ず顔と手が湿っている状態で使う事。乾燥している手で塗っても全く伸びませんので、必ず美容液でまだ塗れている状態で行ってください。また、寒い場所で使うと、これもまた伸びが悪いので、暖かい場所で塗るようにしましょう。

 

毎日米粒大しか使用しませんから、コストパフォーマンスは抜群!お値段が張ってもサンホワイトを購入した方が肌荒れ改善には向いているかと思います。

 

白色ワセリンの保湿力って本当に凄くて、リップじゃ全く効果がなく、夏場でも皮がむけて血だらけだった私の唇を、たった1日でプルプルにしてくれます。ハチミツパックとかそんな高いもの使わなくていいんです。

 

季節の変わり目は化粧品を使い分ける

 

large-5

 

季節の変わり目はわかるけど、1年中アスタリフトとワセリンだけ?それだけじゃスキンケアに不安がある。

 

そんな方は、普段使っている化粧品は肌が落ち着いてきたら使うようにしてください。そして季節の変わり目で肌がガサガサしてきた…そんなときに上記の方法を試してみるようにしましょう。

 

肌は精神面やホルモンバランスなど、様々な事が影響して1年を通して安定しません。自分の肌と毎日会話をしながら、今日は優しい成分のものを使って上げよう、今日は調子が良いからしっかりケアしようね!と試行錯誤をしてください。

 

情報に惑わされず自分の肌に合ったものを探す

 

長文でたくさんの事を書いてきましたが、人の肌は十人十色。あの子が良いって言ってたから、あのサイトで良いって言ってたからと、必ず効果が現れるかというとそうではありません。

 

例に漏れず、私も某青缶がブランド化粧品と同じ効果があると聞いて速攻飛びつきましたが、何をどうやっても吹き出物が5個ぐらい一瞬にして出現するため、ボディだけに塗って顔は諦めました。

 

試行錯誤の末、私の今の形に落ち着いていますが、まずはどんな事でも試してみる事。自分にちゃんと合ってるのかしっかり見極めてあげる事が大切です。

 

新しい化粧品を試す時期は生理終わりがベストですよ☆頑張って肌荒れの時期を乗り切りましょう!!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)