生理痛・生理不順

column
公開日:2015/06/05 19:02:42

月経周期が短い頻発月経*月経周期が長い稀発月経について

LINEで送る
Pocket

今まで順調に月経周期をふんでいたのに、突然10日遅く月経(生理)が来たり、月に2回生理が来たら不安になりますよね。突発性のものや、不妊の症状である事もありますので、頻発月経と稀発月経について知っておきましょう。

 

calendar-friday-fridays-halloween-Favim.com-2088009

 

月経周期(生理周期)について

 

月経周期とは生理の始まりから、次の生理が始まる前日までの日数の事を指します。周期は人それぞれですが、通常25〜38日が正常期間と言われています。

 

月経周期が安定しないと、酷い場合は数ヶ月に1回月経が来たりと月経不純が起こります。月経不順が起こると排卵日もしっかりと確定する事ができないため、不妊症になってしまいます。

 

稀発月経(きはつげっけい)とは

 

稀発月経とは月経周期が39日以上90日未満の事を指します。90日を超えてしまうと無月経に分類されます。

 

突然生理が1週間以上遅れると妊娠したのでは?と思う方もいるかと思います。しかし、検査薬を使っても妊娠しておらず、その数日後には月経が来て稀発月経だったということもあります。

 

稀発月経が続けば排卵日が確定する事が難しくなるため、不妊治療を行う事があります。さらに、稀発月経だと思っていても、無排卵月経が起こっている事があります。

 

排卵が起きていないのに、月経と同じように出血がありますが、期間が短く量が少ない事が特徴です。ずっと無排卵の方もいれば、不定期に無排卵になる方もいます。 症状をしっかり見極め、排卵が行われているか調べる為にも普段から基礎体温を付けておきましょう。

 

頻発月経(ひんぱつげっけい)とは

 

頻発月経は周期が24日以内の事を指します。1ヶ月に2回以上月経が来る場合が頻発月経に当てはまります。月経周期が短過ぎると排卵が正しく行われていない事があります。

 

また、月経だと思っていたのが、不正出血だったという事もありますので、頻発月経が続くようであれば1度病院を受診してみましょう。

 

稀発月経と、頻発月経を繰り返すような月経周期が大幅にまばらな事を不整周期月経と呼びます。

 

稀発月経・頻発月経の原因

 

●ストレス、不規則な生活

 

排卵日辺りに強いストレスなどを感じると、排卵しろという命令伝達がうまく行かず、ホルモン量が足りなくなります。そのまま排卵が遅れて起こると、その分月経日が遅れる事が稀発性月経に繋がります。

 

ホルモンバランスが崩れる事でホルモン分泌量がめちゃくちゃになってしまうと、頻繁月経の原因にもなります。 ストレスを受けやすいダイエット昼夜逆転の生活、偏った生活などもホルモンバランスを崩す原因になります。

 

●閉経前、早期閉経

 

閉経前になると1回の月経量がすくない月経が月1で来たり、何ヶ月も来なくなったりと月経周期が不規則になります。

 

理由は閉経前になると女性ホルモン中のエストロゲンが急激に下がる事によって卵胞が成長せず排卵が遅れてしまう為、稀発月経を引き起こします。

 

また、年齢と共に卵巣の機能が低下し、黄体ホルモンが不十分になります。黄体ホルモンが不十分になると単発的に出血が起こるようになります。不正出血と見分けが付かない事があるため1度病院で検査を受けましょう。

 

●多嚢胞性卵巣症候群

 

卵胞内で卵子はできているのに、何らかの原因で排卵できない状態を多嚢胞性卵巣症候群と言います。無排卵月経か、排卵が遅れてあったあと稀発月経を引き起こします。

 

多嚢胞性卵巣症候群が続けば無排卵が続き、無月経になることもあります。

 

稀発月経・頻発月経の治療

 

稀発月経や頻発月経が続く場合、妊娠が難しくなる事があるため、早めの治療を行いましょう。ストレスがあまりにも重たい場合などは、心療内科へカウンセリングに行く事も検討しましょう。

 

治療に行く前に、1ヶ月分か、それ以上の基礎体温表を付けておくとパターンが見えて病名が分かりやすいので、特に妊娠を望んでいる場合はしっかりと付けておきましょう。

 

taionkei

 

●経過観察、ストレスを発散する

 

排卵があり、月経も早かれ遅かれきちんとある場合は経過観察でようすをみます。この場合、ストレスが原因になっている事が多いため、できる限り自分にあったストレス発散法を見つけましょう。

 

●ホルモン治療

 

生理周期が大幅に乱れがちな方は、低用量ピルで周期を整える治療をします。この間は妊娠はできませんが、周期をしっかり整える事で、妊娠しやすいカラダを作ります。

 

●排卵誘発剤

 

生理周期が60日を超えるような長期的な稀発月経の方の場合、あまりにも長く続く場合は無排卵や無月経を引き起こしてしまう事があるため、無理矢理排卵させる事で規則的に排卵が起きるように整えて行きます。

 

●心療内科

 

治療を行っても、根本的なストレスが改善されない限り、治療をやめてしまえばまた再発してしまう事があります。それを防ぐ為にも、あまりにもストレスが強い場合は心療内科でカウンセリングを受けてみましょう。

 

ダウンロード

 

稀発月経・頻発月経の予防

 

一番の予防策はとにかくストレスを溜めない事です。ホルモン分泌に関してはかなりデリケートなため、少しでも影響があると簡単に稀発月経や頻発月経を引き起こします。

 

<予防>

 

●ストレスを溜めない

●基礎体温を日頃から付けておく

●規則正しい生活をする

●バランスの取れた食事をする

●極端なダイエットをしない

●違和感を感じたらすぐに病院を受診する  

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)