カラダとココロに関する悩み・質問

qa
公開日:2016/07/02 16:45:55

生理痛で鎮痛剤を飲むと心臓がバクバクしたりキュッとなることがあります、大丈夫でしょうか?

LINEで送る
Pocket

生理痛が酷いときや頭痛がするときに鎮痛剤を飲むのですが、寝る前など少し疲れがたまっているときなどに鎮痛剤を飲むと、痛みも泊まるのですが心臓がキューっと締め付けられるようになりさみしいと感じることがあります。ほかにも急にバクバクししたりすることもあるのですが、どちらかというとキュッとなる方が多いです。市販で売っているものだから大丈夫だと勝手に思っていましたが、あまり飲まない方がいいのでしょうか?

LINEで送る
Pocket

薬が効きすぎる体質なのかもしれません。効きすぎるとわかっているタイミングは薬を控えるか量を変えてみましょう。

もともと市販薬とはいえ副作用は必ず存在していますので、購入した鎮痛剤の説明書をよく読んでみましょう。使用上の注意点としていくつも記載があります。

 

今回はイブを例に挙げますと、副作用の欄に【関係部位】循環器【症状】動機と記載されています。

 

関係部位 症状
皮膚 発疹・発赤、かゆみ、青あざができる
消化器 吐き気・嘔吐、食欲不振、胃痛、胃部不快感、胃もたれ、胃腸出血、胸やけ、腹痛、口内炎、下痢、血便
精神神経系 めまい
循環器 動悸
呼吸器 息切れ
その他 目のかすみ、耳なり、むくみ、鼻血、歯ぐきの出血、出血が止まりにくい、出血、背中の痛み、過度の体温低下、からだがだるい

 

こちらは通常出やすい副作用のパターンであり、カラダに合わない状態になるとアレルギー反応やアナフィラキシーショックなど重度の副作用が出ることがあります。こちらは下手をしたら命に関わる危険性もありますので、普段から何か気になることがあれば主治医に相談しておくことが大切です。

 

カラダは常に同じ状態ではありませんし、生理痛や頭痛の症状が出ていても質問者様のように眠い・疲れてるといった症状がプラスされるだけで副作用が強く出ることがあります。

 

また、事前に心臓疾患などがある場合、痛みを止めるイブプロフェンやイブプロフェンのサポートをするカフェインが血管に影響を及ぼすため、動機がひどくなるといった症状が現れます。

 

疾患に気づかないまま飲み続けては危険ですので、普段から病院に定期健康診断を受けておくことも大事ですが、症状が出た場合は連続して飲まないといった対策は取ってください。

 

普段から生理痛があるたびに飲んでいる場合、たいていどういったときに症状が出やすいかはわかっているかと思います。それが疲れやストレスだとわかっているのであれば、それを避けるか避けれない場合は鎮痛剤以外の方法で生理痛を改善することがベストです。

 

生理痛を改善する方法はこちら

 

そしてもう一つ。カラダがたまたま疲れていたのではなく、もともと薬が効きやすい体質といったことも考えられます。ほかの風邪薬や病院から処方された薬でおなかを下したりといった経験がある場合、薬の量を減らすこともご検討ください。

 

私自身がそうですが、同じように動機を含め副作用が比較的出やすいタイプです。

◆頭がぼーっとして集中力がなくなる

◆動機

◆手足のしびれ

◆胃痛、食欲不振

◆下痢

◆むくみ

◆急激な冷え

 

こういったことが鎮痛剤や抗生剤をのむと高確率で起こります。もともとお酒も飲めませんので腎臓の処理能力が低いのかもしれません。痛みを我慢する方がストレスにもなるのですが、できれば薬のいらない生活を送れるようにする努力というものが大事なんですよね。

 

さて、ここで薬の量を減らすといっても、薬の量が少なすぎると全く効かないのに薬自体は腎臓で無駄に処理させてしまうことになります。基本的に規定量でしっかり効果があるように作られてはいますので、通常2錠飲む場合のものであれば1錠半に減らして飲んでみてください。それでも強ければ1錠といった具合に減らしていきましょう。

 

不安があれば、1度婦人科に相談に言って正しい量の鎮痛剤の処方をしてもらうのもいいですね。もっと優しいもので行けば生理痛や頭痛に効果のある漢方を飲むといった方法もあります。

 

どちらにしろ鎮痛剤に頼らないカラダ作りも同時に始めるのがベストですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)