PMS(月経前症候群)

column
公開日:2016/01/13 19:00:05

面倒くさがり女子必見!PMSを改善するために実践してほしい簡単な6つのケア

LINEで送る
Pocket

PMS(月経前症候群)を改善したいのに面倒くさがりやでどうしても続かない。そんな面倒くさがり女子に試してほしい6つのケアとその方法をご紹介します。なにせ書いている私自身が面倒くさがり屋の代表とも言えるであろう、自称「二日坊主の女」。そんな私でも続けられるPMS(月経前症候群)改善方をご紹介します!

 

だらけている女性

 

目次

 

PMS(月経前症候群)とは?

 

PMS(月経前症候群)とは、生理10日前辺りからココロとカラダに現れる不快感の総称です。

 

◆小さい事や、意味も無くイライラする

◆落ち込みやすくうつっぽくなる

◆胸が張る

◆むくむ

◆食欲が増す、無くなる

◆便秘、下痢

◆冷える

◆微熱

◆頭痛

◆下腹部痛、お腹がチクチクする

 

これらがよくあるPMS(月経前症候群)症状の一部です。

 

寝転がっている女性

 

PMS(月経前症候群)の原因は、大きく分けると次のような原因があります。

 

◆貧血

◆冷え

◆食べ物

◆生活リズム、睡眠

◆ストレス、疲れ

 

これらが合わさる事で、女性ホルモンの乱れや自律神経の乱れが起こり様々な症状が現れ始めます。

 

特に貧血や冷えは女性が慢性化しやすい病気ですよね。普段から悩まされているのに、生理中はさらに血液がお腹に集中し、手足にうまく行き渡らずに冷えが悪化する傾向にあります。生理中は血液も一緒に出ますから、貧血も悪化します。

 

他にも細かい原因をあげれば切りがありませんが、元凶は生活習慣が悪い事です。

 

PMS(月経前症候群)症状別改善法一覧ページへ

 

面倒くさがり女子は基本的に短期決戦

 

急いでいる女性

 

PMS(月経前症候群)の元凶が生活習慣の悪さであれば、大抵の方は何をすれば良いのかおわかりでしょう。

 

◆バランスの取れた食生活

◆早寝早起きで生活リズムを正す

◆軽い運動

◆お風呂はシャワーではなくお湯につかる

 

これを完璧に実践できれば、PMS(月経前症候群)だけでなく様々な生活習慣病の予防にもなります。

 

しかし、面倒くさがり女子から言わせると、どれも長続きしない面倒くさい行為です。本気でダイエットするって言って、3日も続かない女子なんてごまんといますでしょ?そうでなければ三日坊主なんて言葉は産まれてません。

 

皆が皆、苦痛を感じずにこれらができる様になれば、今頃健康過ぎる人間で日本は溢れ帰っているはず。

 

凄くやる気が出る様に、お肌のゴールデンタイムにしっかり寝てお肌をぴちぴちに♡、早起きをして朝日をしっかり浴びてハッピーな1日を!なんて言葉を選んでもやっぱり続かない物です。

 

現実は、一人暮らしなら毎日栄養バランスを考えてご飯を作るのも億劫でしょうし、運動が元々苦手な方は、頭の片隅では分かっているけど忘れた事にしてしまいがち。

 

だってPMS(月経前症候群)で死ぬ事は無いんだもの。

 

このあたりの気持ちが大抵面倒くさがり女子の思考回路です。続ける事に意味があるのに、すべてにおいて短期決戦で挑もうとするから、すぐにまぁ死ぬほどきついわけじゃないし…とやめてしまいます。

 

簡単なPMS(月経前症候群)改善方のやり方

 

やる事リスト

 

とはいえ、長年PMS(月経前症候群)を放っておく事は、1ヶ月の内の10日間は自分のカラダに何かしらの不調があっても、見ないフリをしている状態ですよね。

 

若ければその症状はPMS(月経前症候群)かもしれませんが、年齢を重ねれば重ねるだけ他の病気とリンクしている可能性が高くなってきます。なんたってPMS(月経前症候群)の症状は、どの病気の症状とも重ね合わせる事ができるからです。

 

下半身のチクチクが子宮筋腫や子宮がんの可能性もあります。胸のハリは乳がんの前兆かもしれません。異常な肩こりや腰痛は、血管や脳に異常があることだって考えられます。

 

自分でしっかり他の病気の初期症状に気付ける様に、PMS(月経前症候群)はある程度改善しておいた方が将来的にも安全なんです。

 

面倒くさがり女子の皆さんは身に覚えがあることでしょう。”良いと言われた事を3日試して、面倒になって止めてしまった後、また期間をおいて別の改善法を3日間試してまた止める”、この謎の行動を繰り返したことが。特にダイエットではその傾向が強いですよね。

 

そこで試してもらいたいのが、6つのケア方法を、飽きたら期間を開けずに次に移すサイクル方式でチャレンジしてほしいのです。1つの事を長期的にするのが面倒ならば、短期間でも健康に良い事を途切れずに色々試すってわけです。

 

私はこれで半年続けたら、いつの間にかあんなに辛かった胸の張りや、生理前の異常な腰痛、イライラ、暴食を止める事ができる様になりました。

 

PMS(月経前症候群)改善法①*意外といっぱいある改善食材でご飯作り

 

large-2

 

PMS(月経前症候群)改善に効果があると言われている食材は意外と沢山あるって知ってましたか?

 

豆乳がPMS(月経前症候群)やダイエット、美肌にも効果的なのは最近知られてきましたが、その他にもかなり沢山の食材が、PMS(月経前症候群)改善に一役かってくれます。

 

もちろんその中には嫌いな物もあるでしょう。それらを中心とした食事を作れとはいいません。味に飽きちゃいますからね(笑)

 

飽きない&偏らない程度に好きな物を組み合わせて入れてみてください。

 

◆豆類(大豆、納豆、豆乳、みそ)

◆青魚

◆脂身の少ない赤身肉

◆レバー

◆海草類

◆緑黄色野菜(簡単に火を通したもの)

◆根菜類

◆アーモンド(おやつに)

◆きな粉

◆ゴマ、チアシード

◆少量のフルーツ

◆雑穀米

◆ノンカフェインのお茶、カモミールティー、ローズティー、ホット麦茶

 

こうやってみるとほとんどの食品はPMS(月経前症候群)に効果的だとおもいませんか?和食中心としたご飯だと比較的メニューに取り入れやすいかと思います。

 

ですが、なんだかんだコンビにやインスタント食品、ファストフードなど偏った食事をとってしまいがちですよね。

 

女子が大好きなパスタ、それにラーメンやうどんなどの炭水化物の固まりは体温を下げてしまうので、頻繁に食べる事は控える様にしてください。

 

特にカラダや美容にもいいと言われている野菜やフルーツですが、生野菜とフルーツだけを毎日ダイエット代わりに食べていると、これもカラダの体温を奪うだけ奪って冷えが悪化します。

 

この場合は脂身のすくないお肉も取り入れ、カラダの体温をあげる努力もしましょう。

 

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインもおすすめできません。最近はノンカフェインの紅茶やお茶も沢山出ているので、意識して切り替えてみましょう。

 

PMS(月経前症候群)改善法②*ラジオ体操を行う

 

 

誰でも知ってるラジオ体操ですが、とりあえず3日間真剣にやってみてください。

 

カラダがぽかぽかし、かなり暖まってきます。誰も極寒の外で行えとは言いません。室内で自分が好きな時にどこかでやってみてください。

 

カラダの全身運動もですが、自律神経が整ってくるため、便秘や肌荒れ、ダイエットにも効果が期待できます。

 

新しいマッサージやストレッチを学ぼうと本を読みながらやっていると、もはや途中でマッサージやストレッチをする事さえ億劫になってくる事がありますよね。

 

ラジオ体操であれば、ほとんどの方が1度は経験した事があるはず。昔は恥ずかしがりながら体操をしていたかもしれませんが、誰も見ていないところで本気をだしてラジオ体操をするとかなり清々しい気分が待っていますよ。

 

PMS(月経前症候群)改善法③*半身浴でレッツダイエット

 

large-3

 

ただお風呂に浸かるのではなく、半身浴でダイエットをしながらPMS(月経前症候群)を改善しましょう。

 

人は何もしなければ代謝が段々悪くなり、うまく老廃物を排出できずカラダに溜め込んで行ってしまいます。

 

代謝が悪くなれば当然お肌もくすんできますし、PMS(月経前症候群)以外の病気も患いやすくなります。

 

半身浴は代謝をあげるにはもってこいの自宅療法です。お金の余裕があるなら、岩盤浴なども効果的ですが、どこかに通うのも面倒なんですよね。

 

自宅でさっとお風呂を溜めて、半身浴をしてから洗顔などをすれば、毛穴も開いて汚れが落ちやすくもなります。お風呂の中でリンパをゴリゴリ押してあげれば、さらに代謝も上がるうえに足がほっそりする効果も期待できます。

 

半身浴は基本的に20分以上の入浴が必要になります。お風呂にテレビがあれば勝手に過ぎて行きますが、それ以外の場合はスマホを持ち込んだり、アニメを見たり、雑誌や漫画を見るのもいいでしょう。

 

お風呂は唯一リラックスできる場所なので、音楽を聞いてひたすらぼーっとしたり、アロマを数敵たらしてアロマテラピーも行うといいですね。

 

PMS(月経前症候群)改善法④*朝しっかり起きて朝日を浴びて美肌効果

 

朝日

 

日差しの強い日中の日光浴は、シミの元になったり汗をかいて気持ち悪くなったりあまり良い事はありません。

 

ですが、朝日にはとんでもない力が眠っています。

 

1日10〜20分。たったこれだ朝日を浴びるだけで、ビタミンDが生成され、美肌や骨粗しょう症の予防に繋がります。

 

さらに、幸せホルモンのセロトニン、睡眠ホルモンのメラトニンを分泌するため、PMS(月経前症候群)で生理前にうつっぽくなりやすかったり、不眠を感じている方にはかなりおすすめになります。

 

人間はどれだけ悪い生活リズムをとっても、体内時計はほとんど変わりません。そのため、日中に寝れば熟睡があまりできませんし、暗い中起きている事で段々とネガティブ思考になりやすくなります。

 

まずはしっかり朝日を浴びて、1日のスタートを切れる様にしておきましょう。ホルモン分泌がしっかり行われれば自律神経も少しずつ戻ってきます。

 

PMS(月経前症候群)改善法⑤*カラオケなどでストレス発散!

 

woman-591576_960_720

 

たまに行ってほしいのがストレス発散です。どれだけ食事を改善しても、朝日を浴びてもすっきりしないのは疲れやストレスが溜まっているからです。

 

自分に合うストレス発散法を見つけて、定期的に行うと症状が軽くなってきます。

 

◆カラオケで大声を出す

◆音楽や映画で大泣きする

◆読書で自分の正解に

◆思いっきりカラダを動かしてみる

◆散歩がてら森林浴へ

◆ドライブをする

◆ショッピングを楽しむ

ヨガでリラックス

◆アロマテラー

◆旅行に行く

◆温泉に言って癒される

◆好きなアーティストのイベントやコンサートに行く

◆1日ぐらい好きな物を沢山食べる

◆愚痴を聞いてもらえるだけ聞いてもらう

 

私は特に好きな物を1日だけ好きなだけ食べる事を実践してます。

 

食べたーい!って思っても意外と入らない物なんですよね。だから好きな物をちょっとずつたくさん食べると、もの凄くココロが満たされます。1日だけなので体重も2〜3日あれば自然に戻ってます、

 

後は定期的にドライブしながら好きな歌を大声で歌ってます。大きい声を出すのはとっても効果的です。

 

愚痴をどこまででも聞くよ!なんて優しい人が傍にいれば、溜め込んでいるものを言葉にして吐き出す事が大切です。

 

溜め込んでるのが何をするにも一番悪い。肌は荒れ、代謝は落ちて太り気味、めまいや貧血はしょっちゅうで、思い詰めて生理が止まる。実はこれ若い時の私の経験談です。

 

溜め込んだ物を一気に2〜3人に毎回同じように喋り尽くして吐き出したら、生理がすぐに始まり、気分もとっても穏やかになったんです。

 

もしも人に言えないような悩みやストレスを抱えているのであれば、悩みを聞いてくれる機関を頼ってみるのも一つの手です。

 

 

PMS(月経前症候群)改善法⑥*1日1粒のサプリメント接種

 

main-image-1

公式サイトはこちら

 

全てに飽きちゃった、もう続けるの面倒、そう思ったら最終手段です。1日1粒飲むだけでPMS(月経前症候群)が改善するサプリメントを服用します。

 

漢方は服用量が多い為なんだかんだ続きにくい薬です。しかし、PMS(月経前症候群)改善サプリであれば、たった1粒で済んでしまいます。

 

サプリメントを止めちゃう人の行動は、サプリメントだけ個別に飲もうとすることで段々面倒になってきてやめてしまいます。

 

そういう方は、晩ご飯と同じタイミングで一緒に飲んでしまいましょう。全く飲まないのと、飲むのとではそりゃぁ飲んだ方が良いに決まっています。

 

さらに、ドラッグストアで都度買いするのではなく、定期的に届く様にすることもポイントです。なぜなら都度買いは絶対行かなくなるのが目に見えています。

 

その点、定期的に商品が届けば、自分で止める手続きをしない限りいやもおうもなく勝手にお金が引き落とされて行きますので、飲まなきゃ!!という意識が強くなります。

 

結構強引ではありますが、残念がら面倒くさがりやさんは強引のほうが続きます。優しくされるとすぐに甘えちゃいますからね。

 

PMS(月経前症候群)サプリランキングはこちら

 

ほとんど私の事を中心に書いているので、そこまでめんどくさがりやじゃないし!!なんて思われる女性もいらっしゃったかもしれませんね。

 

でも何となくこのやり方なら、とりあえず1ヶ月は続けられるかも…と思って頂けたら幸いです。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)