PMS(月経前症候群)

column
公開日:2015/01/18 13:37:30

PMS(月経前症候群)改善は漢方で!万能生薬で幅広い症状を改善します!

LINEで送る
Pocket

PMS(月経前症候群)改善や生理痛の緩和に漢方はいかがでしょうか。身体に優しいのにちゃんと効くものがいいという方は漢方治療がおすすめです。昔ながらの処方で数多くの生薬を使い生成されているため、1つの漢方で様々な効果が期待できます。 今回はそんな漢方の中でもPMS(月経前症候群)改善、生理痛緩和などに特に効果があると言われている漢方についてまとめてみました。

 

厳選!PMS(月経前症候群)改善薬&サプリメント

 

基本的な漢方の考え方

 

漢方とは漢方医学とも呼ばれ、東洋医学に分類されます。

漢方で治療を行う前提として、、カラダにはエネルギーである、血液である、血液以外の体液をが存在しており、この3つの流れが滞りなく流れている状態を”健康”としています。

 

カラダのどこかに不具合があるということは、この3つの流れの内、どこかが滞っているという考えの元

●本人の抵抗力(虚弱か、中力程度の体力があるかなど)

●どこに症状がでているのか

を総合して見極め、各個人に合わせてその都度生薬を配合して作られたものが漢方薬になります。

 

PMSを改善する漢方を処方してもらえる場所

 

IMG_4869

 

※この写真は私がもらってきた漢方薬局のチェック表です。

この写真に載っていないものでも結構な数のものがありました。

 

PMS(月経前症候群)を漢方で改善しようと思ったとき、どこに行ったら手に入れる事ができるのか。確実に処方してもらえる場所としては、漢方を取り扱っている病院や、専門の漢方医師がいる漢方相談所漢方薬局)、身近な所ではドラッグストアで手に入れる事ができます。

 

<漢方を処方してもらえる場所>

●病院(婦人科・産婦人科・内科など)

●漢方相談所、漢方薬局

●ドラッグストア

 

これから紹介する漢方には、記載してある効能以外にも、様々な効能があるとされていますので、購入される際は細かく相談してみてください。

 

PMSでうつ気味でも、心療内科や精神科にいかなくて済む

 

◉特にPMS(月経前症候群)期間中、情緒不安定イライラが酷い場合、1週間ぐらいの事だしわざわざ心療内科精神科にいくのはちょっと…

◉抑うつ剤などを使われる事に不安や抵抗もあるし…

 

という方は、漢方相談所や薬局に行くことで気軽に相談ができる分、周りの目も気にしないで安心して利用できるかと思います。自分の体重や体調、症状の現れ方など、総合的に判断して調合するのが漢方です。

 

img_eddf1d58ac0546ff233e8a0863ae8dca701166

 

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 

疲労、貧血、生理痛、生理不順、冷え症、PMS(月経前症候群)、不妊症、むくみ、めまい、更年期障害、肩こりetc…

※身体を温めて貧血を改善する漢方の一方、ホルモンバランスを整える効果があるため PMS(月経前症候群)に効果的な漢方です。

 

023

 

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

 

生理不順、生理痛、不安感、イライラ、腰痛、PMS(月経前症候群)

※血に関する 病気の改善に使われており、不安感やイライラを抑え便通を良くする働きもあります。 当帰芍薬散同様、ホルモンバランスを整える効果もあるためPMS(月経前症候群) に効果的な漢方です。

 

url

 

温経湯(うんけいとう)

 

PMS(月経前症候群)、生理不順、生理痛、腰痛、頭痛、更年期障害、冷え、のぼせ、不妊

※血行をよくし、身体をあたためる効果があるため、冷えから来る生理やPMS(月経前症候群)など、血に関する血流異常を改善する漢方になります。

 

106

 

※市販の月経の不調を改善する漢方薬に、ロート温経湯錠(うんけいとうじょう)がありますが、同じものになっています。

 

IMG_4939

 

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

 

生理痛、生理不順、更年期障害、婦人疾患、打ち身、打撲、血液循環不純、下腹部痛、肩こり、めまい、のぼせ、頭痛、冷え

※婦人科系で有名な漢方。さまざまな症状を抑えるだけでなく、美容剤としても処方されています。

 

tsu0025

 

加味逍遥散(かみしょうようさん)

 

生理不順、下腹部痛、のぼせ、冷え、肩こり、めまい、動悸、不眠  情緒不安定、うつ感、精神神経系

※女性に処方される事が多く、消化器系が弱く食欲が出ないような方にも効果があると言われています。 特にPMS(月経前症候群)で精神的不安定になり易くヒステリーになりやすい方にはおすすめです。

 

24

 

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

 

イライラ、抑うつ、不眠、胃炎、吐き気、動悸、めまい、ぜんそく、気管支炎

※鎮静作用のある成分が配分されており気分がめいっていたり、情緒不安定な時に気分をリラックスさせてくれる効果があります。

 

auto_XzZyKK

 

五苓散(ごれいさん)

 

むくみ、めまい、吐き気、二日酔い、急性胃腸炎  尿毒症、糖尿病、急性胃腸炎

※身体の水分バランスが取れないときに飲むと良いとされている漢方なので 仕様用途が幅広く取扱いしやすいです。

 

 017

 

いかがでしたでしょうか? 勿論、上記の漢方の種類は代表格であって、代表的な漢方にまたさらに生薬を投じたものなど、まだまだ沢山の種類が存在しています。

 

さらに、効能についても他にも期待できる効果も沢山あるため、漢方医の方にじっくりきちんと相談し説明を受けてください。

 

自分にあった漢方を探すのも大事なポイントです☆+゜ また、今回は代表的なものばかりをだしましたが、今後少しずついろいろな症状に合わせた漢方をご紹介していけたらと思っています。

 

食でPMSを軽減する

お手軽。サプリでPMSを軽減する

ピルを処方してもらいPMSを軽減する

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)