PMS(月経前症候群)

column
公開日:2015/03/30 11:57:13

PMS(月経前症候群)で生理前〜生理中に腰痛・肩こりで悩まされる方への解消法

LINEで送る
Pocket

PMS(月経前症候群)で生理前〜生理中になると、ぐーっと腰が重くなってきて立っているのが辛い。肩こりも急に酷くなる。そんなPMS(月経前症候群)で生理前に腰痛、肩こりがくる方、生理中に腰痛、肩こりがくる方への解消法をまとめてみました。

 

9e166878728e0def6aa4335879c4e8d0_s

 

目次

 

こんな症状が出る方へ

 

●生理前になると腰痛で腰が重い
●生理が始まっても腰痛をそのまま何日間か引きずる
●酷いとベッドから出るのも辛い
●肩こりが急に酷くなって仕事が続かない
●肩から首が張って神経頭痛などが出る

 

原因はホルモンなど様々

 

まずはPMS(月経前症候群)での腰痛です。

生理前や妊娠をすると子宮からリラキシンというホルモン物質が分泌されます。 これが骨盤の関節を緩める事によって、それを支えようとする筋肉に負荷がかかり腰痛が引き起こされます。

 

PMS(月経前症候群)〜生理中の腰痛や肩こりの痛みはプロスタグランジンが関係しています。子宮の痛みもこの物質が原因なのですが、血管を収縮させる働きがあるため、骨盤周りの血流が悪くなってしまいます。そのせいで普段から腰痛や肩こりがある女性でも、さらに痛みが酷くなります。

 

その他にも、黄体ホルモンとエストロゲンのバランスが崩れてしまうと自律神経を乱すことが原因であったり、黄体ホルモン量が増える事でカラダに水分を溜め込みすぎてむくみが生じ、その影響で血管に酸素が行かなくなったり血流が悪くなることで腰痛や肩こりを引き起こします。

 

また、脳内のセロトニン不足が影響してイライラや情緒不安定になると姿勢に影響がでてきたり、カラダに力が入る事で肩こりを酷くさせる事があります。

 

779aaa436bbb2f4c4366c44be555ad76_s

 

もちろん、ストレス、喫煙、ダイエットなどはPMS(月経前症候群)や生理中の不調を悪化させますのでできるだけ避けましょう。

 

食べ物・飲み物・栄養素で解消する

 

血流を良くしてカラダを暖める食べ物や、ホルモンバランスを整えてくれるものを摂りましょう。

 

<避けたいもの>

◉カフェイン

◉塩分

◉糖分

◉アルコール

◉添加物など

 

large-2

 

<摂りたいもの>

ビタミンE

(アーモンド、ひまわり油、唐辛子、あん肝、いくら、たらこ)

※血流をよくします。

豆乳、大豆類、納豆など

イソフラボン成分がホルモンバランスを整えてくれます。 また、ビタミンB1が筋肉の疲労を取り除きます。

◉フルーツ

ビタミンCが血行を良くしてくれます。

◉玉ねぎ

自律神経を抑えるだけ無く、血液をサラサラにしてくれる働きがある。

◉ビタミンB6

(にんにく、鶏肉ささみ、鶏肉むね、ピスタチオ、ヒマワリの種、豚、玄米、胡麻、大豆、まぐろ)

※女性ホルモンをを活性化。むくみ防止。イライラ予防

◉カルシウム

(チーズ、しらす、あゆ、いわし、シシャモ、干しえび、ひじき、ごま)

◉マグネシウム

(のり類・わかめ・ひじき・ごま、きくらげ、アーモンド)

※イライラ予防

◉ハーブティー

(ローズマリー、ローズヒップ、ルイボス、ジンジャー、いちょう、カモミール)

 

サプリメントを使ってみる

 

<PMS改善>

プレフェミン

命の母ホワイト

ルビーナめぐり

 ◉ルナベリー

プレフェミンと同量のチェストベリーが使われており、チェストベリーの他にも、エストロゲンに作用する成分やビタミン類なども配合されているため、バランスよく成分を接種する事ができる。

 

公式サイトはこちら

ルナベリー

main-image-1

 

<腰痛、その他>

◉ビタミンE

◉イソフラボン

◉プラセンタ

女性ホルモンを整えPMS(月経前症候群)の改善が期待できます。

 

腰痛・肩こりに効果的な漢方

 

kanpou

加味逍遥散(かみしょうようさん)

PMS(月経前症候群)から生理痛まで幅広く効果的な万能薬。

桃核承気湯(とうかくじょうきとう

血府逐オ湯(けっぷちくおとう)

◉葛根湯(かっこんとう)

肩こりからの頭痛などがある方

◉五苓散(ごれいさん)

むくみ

 

リラックス法(アロマ・ストレッチ)

 

血行促進には暖める事が大切です。冷やさないカラダ作りをしていきます。普段から腰回りが冷たいと感じている方は実践してみましょう。

◉腹巻き

◉カイロ

◉入浴

◉足湯

 

※腰が温めたいからと、沢山厚着をする事で血管が圧迫されて血流が悪くなっている事があります。少し不格好にはなりますが、日中は締め付けない下着などを履いて、カイロを腰とお腹に張っているのがおすすめです。

 

<アロマ>

◉ローズマリー

◉イランイラン

◉カモミール

◉クラリセージ

◉ゼラニウム

 

<ストレッチ>

◉腰痛

 

 

 

◉肩こり

 

 

 

産婦人科・婦人科を受診する

 

産婦人科や婦人科を受診する事で日頃の環境やストレス度合いにより、薬を処方してくれます。 問診や検査の結果、他に潜んでいる病気を発見する事も。

 

ピル

◉鎮痛剤

◉漢方

 

ツボを押してみる

 

三陰交(さんいんこう)

婦人病全般に効果的な万能ツボ

 

2  

◉腰腿点

親指と人さし指で手の甲をつまむように2点を揉む

 

IMG_1856  

◉肩井(けんせい)

 

selfcare_01

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)