PMS(月経前症候群)

column
公開日:2015/09/21 19:36:01

サフランライスがPMS(月経前症候群)の改善に?サフランの効能を知っておこう☆

LINEで送る
Pocket

サフランと言えば黄色いご飯のイメージがありますよね。あのサフランにはPMS(月経前症候群)、月経痛(生理痛)、月経不順、更年期障害といった婦人病全般に広く効果が期待できます。漢方でも使用されており、最近では認知症の治療にも使われる万能薬になります。

 

sahuran400a

 

サフランとは

 

アヤメ科の花で、私たちが通常目にするサフランは赤い職種のような部分、いわゆる雌しべの部分を乾燥して使用しています。

 

料理で使うと黄色ですが、サフランは水やお湯に溶かすと黄色に偏食します。 上の写真でも分かるように、1つの花からたった3本しか取れないため、サフラン自体はとても貴重で高級なものなのです。

 

成分はほとんどがカロテノイドで構成されており、カロテノイドの中でもα-カロテン、β-カロテン、γ-カロテンが主な成分になります。また、黄色の色素部分にクロシン、クロセチンが含まれています。 香りにはサフラナールが含まれており、香りを嗅ぐだけでも様々な効果が期待できます。

 

large

 

サフランの効能

 

サフランを接種したり香りを嗅ぐ事で様々な効能が期待できます。特に婦人病に関しては効果が郡を抜いており、他にも精神面に対しても効果が期待できます。

 

large

 

●PMS(月経前症候群)

●月経痛(生理痛)

●更年期障害

●閉経後の血の巡りを良くする

●頭痛

●冷え

●ストレス

●鎮静(イライラや情緒不安定)

●うつ症状

●鎮痛

●認知症

●目が疲れやすい方に

●睡眠障害

●めまい

●血液がサラサラに

●動脈硬化、脳梗塞など血管病

●肝機能障害

●大腸がん予防

●糖尿病神経障害予防

●美容・美肌

●コレステロール血を下げる

●高血圧

●風邪、発熱

 

1つの花から3本しか取れないサフラン。この効能を見れば、その価値の高さがどのくらいのものなのか分かりますよね。

 

サフランが婦人病に効果がある理由

 

PMS(月経前症候群)や更年期障害、月経不順、月経異常に高い効果が見られるサフランですが、その理由はいくつかあり、それぞれの働きが巡り巡って効果を発揮させます。

 

漢方では番(蕃)紅花(ばんこうか)の名前として生薬で使われています。

 

idx_img01

 

鎮静・鎮痛作用

 

月経痛(生理痛)や腰痛、頭痛と言った痛みに対してはサフランの鎮静作用が効果を発揮します。 PMS(月経前症候群)や更年期障害で起こりやすいイライラやヒステリーも改善されます。

 

血管の収縮、血液のサラサラ

 

月経前は血液が滞りやすく、冷えによる月経痛(生理痛)や腰痛、イライラ、など様々な悪影響を及ぼします。PMS(月経前症候群)や月経痛(生理痛)更年期障害などは血の道症とも呼ばれ、女性ホルモンや血管・血流などが関係しているといわれています。

 

その中でも冷えは様々な婦人病を発症させやすい為、冷えを改善するだけで、大体の症状は治まる傾向があります。 サフランの効果で血管を広げ、血液をサラサラにする事で、カラダが暖まり冷えを改善します。また、うつ症状もこれらによって改善へと導かれるのです。

 

血流が良くなれば自然と代謝も良くなる為、老廃物を外に排出し、コレステロール値を下げたり、美肌やダイエットサポートとしても効果が期待できます。

 

サフランを接種するにあたっての注意点

 

ここで注意してもらいたいのがサフランの副作用です。様々な効能があるからと、1日に大量に接種すると命の危険があります。

 

また、サフランには子宮収縮作用があるため、妊娠初期や妊娠中の女性は絶対に飲んでは行けません。外に押し出そうという働きで早産、流産の可能性が高まります。授乳中もできれば避け、妊娠、授乳中以外に接種するようにしましょう。

 

large-1

 

<注意点>

 

●1日摂取量0.1〜1.5g

●5g異常は重大な副作用が、12〜20gは死の危険が伴う。

●ドクムギ属、オリーブ属、オカヒジキ属にアレルギー反応がある方は注意する。

 

サフランの接種の仕方

 

サフランの接種の仕方ですが、アロマや紅茶にしたりと様々です。もちろん、サフランライスとして食べてもいいでしょう。

 

●アロマ

 

香りにも鎮静作用や抗酸化作用があるため、下腹部痛やイライラや肌荒れといった症状が酷い場合に嗅ぐといいでしょう。

 

●紅茶

 

一番効果が期待できる方法です。お湯に0.1〜0.3gのサフランを溶かすだけ!お湯の量などはお好みで調節してください。サフランの量だけ間違えない事が注意点です。 アレンジでハチミツやレモンなどを投入してみましょう。ローズやカモミールなど、PMSに効果のある紅茶などとブレンドしてみるのもいいでしょう。

 

検索したところ、ローズ水にサフランシュガーのセットというものがありました。見た目も可愛いですし、お茶の時間が楽しくなりそうですね。

 

公式サイトはこちら

img60854522

 

●料理

 

サフランを使った料理は沢山ありますが、思いつくのはカレーのお伴にサフランライス、またはサフランライスを使ったパエリアではないでしょうか?

 

<サフランライス>

 

カレーのレシピまとめ

 

・米…1合
・水…炊飯器の1合分
・サフラン…ひとつまみ
・バター…小さじ1
・塩…2g

 

◆釜に研いだ米と水、サフランを入れて15分放置する

◆その他の調味料を入れて炊くだけ

 

20130513212927_5190dca75a031

 

  <パエリア>

 

クックパッド

 

・お米(洗わない)…2合
・鶏モモ肉…250g
・トマト…1個
・玉ねぎ…1個
・にんにく…1片
・ピーマン…1個
・赤パプリカ…1/2個
・あさり…200g
・エビ…6尾
☆チキンコンソメ…1個
☆水…350cc
☆サフラン…ひとつまみ
☆塩…小さじ1と1/2
・白ワイン…50cc
・マジックソルトor塩こしょう…適宜
・塩コショウ…適宜
・オリーブオイル…大さじ2

 

◆☆の調味料を合わせてレンジで温めます。チキンコンソメをしっかり溶かしておく。ここで味見をしてお好みの塩加減にしましょう。

◆あさりを塩水につけて、新聞紙をかぶせ、砂をはかせておきます。

◆ピーマン、パプリカ、トマトを適当な大きさにカットします。

◆玉ねぎとにんにくをみじん切りにしておきます。

◆エビのしっぽは包丁の背でしごき、汚れをとっておく。足の部分はキッチンバサミでカットしておきます。

◆鶏肉は6等分にカットして、マジックソルトor塩こしょうをまぶして弱火で両面、じっくりと焼いて取り出しておきます。

◆エビ、ピーマン、パプリカも炒めて取り出しておく。

◆26㎝のフライパンにオリーブオイルをひいて、にんにくのみじん切りを焦がさないように炒めます。(弱火)

◆次に玉ねぎを加えて透きとおるまで炒めます。(中火)

◆米2合を加えまて炒めます。 ※お米は洗いません。

◆トマトを加えて炒めます。

◆中火で炒めます。

◆白ワインを加えて炒めます。

◆次に☆の調味料を加えます。あれば、鶏肉を焼いた時の肉汁も加えます。

◆弱火にしてじっくり炒めていきます。

◆フライパンの鍋底が見えるくらいになったら、一旦火を止めます。

◆あさり、炒めて取り出しておいた、鶏肉、ピーマン、パプリカ、エビをのせます。

◆蓋をして再び火をつけ、弱火で12分間加熱。火を止めて、15~20分間そのまま蒸らします。

◆お米の味見をして芯があるようなら、蓋をしたままもう一度火にかけ、火を止め5~15分蒸らすとお米に火が通り完成です。

 
d3fcb643eaa094b14dec5d99c1b08886
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)