カラダとココロに関する悩み・質問

qa
公開日:2016/01/15 19:40:56

Q&A:生理前になると顎ニキビやおでこニキビが酷くなります

LINEで送る
Pocket

生理前になると、どうしてもお腹が空いてしまい、食べ物は選んでいるつもりなのですが何がダメなのかすぐにニキビができてしまいます。髪の毛が当たらない様におでこをあげていても無意味でした。どうにかニキビができない様にしたいのですが、何かいい方法はありませんか?

LINEで送る
Pocket

ビタミンC、E、B群を取りつつ代謝をあげて行きます

生理前になると、黄体ホルモンの影響でカラダになんでも溜め込む時期になります。

 

炭水化物や油もそうですが、水すら蓄えてむくみを発症させます。

 

これらの不快感をPMS(月経前症候群)と呼ぶのですが、溜め込んだ色々なものが皮膚に出やすくなります。さらに肌も敏感な時期に入ってくる為、髪の毛が当たるのもそうですが、普段良いと思って使っている化粧品が合わずに肌荒れしていることもあります。

 

large-5

 

その後生理でカラダの不純物を排出するとともに、これらの生理前に蓄えた不必要な物も出してしまう為、生理後から排卵日にかけては肌が一番コンディションのいい時期になります。

 

この時期に行って欲しいニキビケアですが、まずは肌荒れ防止にもなるビタミン類を接種しましょう。これらは溜め込んだとしても、水溶性なのですぐに排出されるため摂りすぎということはあまりありません。

 

ビタミンCは美容や美白に、ビタミンBは疲れやストレス、ビタミンEは血行促進や肌を強くしてくれる効果があります。

 

サプリメントでもいいですが、フルーツを適度にとったり、野菜をバランスよく食べましょう。

 

ポイントとしては食べ過ぎない事。冷たいフルーツやサラダはカラダを冷やす効果があるため、代謝が悪くなり肌が荒れてしまいます。

 

効率的に朝昼晩の食事メニューに組み込んでみることで、栄養吸収時のバランスも取れます。

 

large-6

 

次に、お風呂や軽いストレッチなどでカラダを動かして代謝をあげて行きます。

 

肌のターンオーバーは年齢と共に下がって行きますが、代謝が悪いとさらに拍車をかけて、普段から肌荒れが治まらないような状態になってしまいます。

 

お風呂につかってあせをかけば、汗とともに老廃物も出てくれますし、冷えも改善され血流が良くなります。血流が良くなれば、カラダに栄養が回りやすくもなるので、肌荒れにも効果てきめんです!

 

large-7

 

最後に、どうしても生理前に肌が敏感になってしまうのはホルモン状仕方が無いと言える部分もあります。

 

生理前にニキビが出来てしまう事などの肌荒れと上手に付き合って行く上で、今使っている化粧品がお気に入りであれば、敏感肌用の化粧品も購入し、普段使いと生理前とで化粧品を使い分けると良いかと思います。

 

面倒な気もしますが、別に高級品を使えとは言いません。安い敏感肌用の化粧品を、正しいスキンケア方法で使ってあげてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)