カラダとココロに関する悩み・質問

qa
公開日:2016/01/16 17:09:35

Q&A:生理前に微量の出血があったのですがこれもPMSですか?

LINEで送る
Pocket

今までなかったのですが、最近生理前におりものにピンクの血液が混じっていました。たぶん出血していると思うのですが、2日間ぐらいでもとに戻りました。一瞬妊娠しているかとも思ったのですが、その後は普通に生理がきました。これもPMSの一部なのでしょうか?

LINEで送る
Pocket

生理日以外の出血はすべて不正出血だと思ってください

生理日以外での出血は基本的に不正出血と呼ばれ、病気が隠れていることがあります。心配していた着床出血も含め、以下の不正出血を参考に一度病院を受診してみましょう。

 

①びらん

 

large (5)

 

SEXやオナニーのし過ぎなどで膣内や子宮の入り口あたりが炎症を起こしている状態です。

 

何日かおとなしくしていれば出血は止まりますが、これらを何度も続けていると子宮頸がんの原因になったりもしますので注意してください。

 

②排卵、着床出血

 

心配されていた妊娠時の着床出血のほかに、排卵した時や中間出血と言われ、排卵日と生理の間でもまれに出血が起こることがあります。

 

③ストレス

 

large (6)

 

女性は強いストレスを感じると、生理関係に影響を与えやすくなります。不正出血もその一部ですが、ストレスで排卵は止まっているにも関わらず、ピルを飲んでいる時のように出血することもあります。

 

ストレスには極端なダイエットも含まれます。食事などを完全に抜いてしまうダイエットは、大きな負荷やストレスがかさみます。まずは普段からストレスをためないように、大きな声を出してみたり、逆に思いっきり泣いてみたりと様々なストレス発散法を試してみましょう。

 

④子宮内膜症、子宮筋腫などの婦人科系疾患

 

生理日以外での出血で多いのが、子宮内膜症や子宮筋腫といった病気からきていることがあります。

 

子宮内膜症の場合、おなかに溜まった血液が漏れている段階です。子宮筋腫はできる場所にもよりますが、子宮筋腫が大きくなることで、子宮筋腫自体から出血していることがあります。

 

どちらも、生理痛が毎月酷くなっていくなどの症状がありますので、不正出血だけでなく、生理痛にも意識を向けてみましょう。

 

⑤女性ホルモン

 

large (7)

 

黄体ホルモン量が少なかったり多かったりと分泌量のバランスが取れていない場合、早い話生理が2回来ている可能性があります。

 

黄体機能不全と関係があり、不妊の原因の1つでもあるので注意が必要です。

 

⑥婦人科系がん

 

もっとも怖いのがこのあたりでしょう。婦人科系のがんに関しては、女性は恥ずかしがって診察が遅れ、ほとんど手遅れになっていることもままあります。

 

特に卵巣の病気やがんは、もともと症状が表に出にくい場所なため、不正出血やおなかに違和感を感じた時には初期段階を大幅に超えていることが大半です。この場合は若くても子宮の全摘出なども容易に考えられますので、1度検査を受けておきましょう。

 

⑦性病

 

large (8)

 

妊娠の可能性もあるのなら、性病の可能性も否定できません。膣内や子宮内で病原菌が繁殖することで、炎症を起こして出血している場合があります。

 

この場合、彼も性病を患っていることがほとんどですので、身に覚えがある場合は一緒に病院を受診するようにしましょう。

 

その他の不正出血に関する症状はこちら

 

先ほど挙げたのはよくある不正出血の一覧ですが、そのほかにもかなりの数の不正出血の原因があります。上のリンクから確認してみましょう。

 

不安になるものばかりかと思いますが、放っておいても治るものもあれば、死のリスクを伴う不正出血もあります。安心を得る目にも、定期健診の一環として、婦人科を受診してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)