カラダとココロに関する悩み・質問

qa
公開日:2015/03/25 18:40:31

生理前のPMS(月経前症候群)から生理(月経)中、情緒不安定が酷いです。効果のある市販のサプリメントなどありませんか?

LINEで送る
Pocket

生理前から生理中にかけて情緒不安定が酷いです。2ヶ月連続で発狂して鏡を2個も割ってしまいました。最初は抑えよう抑えようと頑張るんですが、次第に涙が出てきて止まらなくなってしまいます。心療内科に行こうか行こうかと考えていると、生理が終わって気分がスッキリするんです。この短期間のことで病院に行って大事にしたくありません。できる限り自分でどうにかしたいのですが、市販の薬やサプリメントでイライラが止まるようなものはありませんか?よろしくお願いします。

LINEで送る
Pocket

漢方、ビタミン剤、プラセンタなどが効果的です

月経前のイライラであるPMS(月経前症候群)と生理中のイライラは様々な事が原因になっています。ホルモンバランスが崩れることを発端に、脳内のセロトニン不足や栄養素不足、ストレスが原因と言われています。

 

セロトニン不足は女性ホルモン中のエストロゲン量が低下する事が原因と言われており、脳内での感情コントロール指令がうまくいかなってきます。

 

自律神経失調症に近い状態です。

 

そうするとカラダに色んな不調が次々と現れるのですが、その一つがイライラ、情緒不安定ということになります。 あまりにも酷い場合はピルなどを服用した方がホルモンバランスは安定するのですが、市販薬やサプリメントを使ってということでしたので、今回はドラッグストアを中心にお答えします。

 

yakkyoku

◉プレフェミン

◉命の母ホワイト

◉ルビーナめぐり

◉イライラに特化した漢方

◉ビタミンB群、マルチサプリメント

◉プラセンタ液・粒

 

プレフェミンは初のPMS(月経前症候群)に対して発売された市販医薬品です。 初心者であればここからスタートさせると安心でいいでしょう。

 

使われている成分は西洋医学で昔から使われてきたチェストベリーというハーブを使っていて、様々な婦人病に効果があると言われています。

 

命の母ホワイトも医薬品になります。 こちらは婦人病に効果的と言われている桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)加味逍遥散(かみしょうようさん)当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)の3つの漢方薬を中心として作られています。

 

漢方やハーブはカラダとの相性も大事になってきますので、片方が効かなかった場合、配合されているものが違いますので、もう片方を試してみるのがいいかと思います。

 

漢方系でいけば、ドラッグストアによってはメーカーが出している漢方薬が置いてあることもありますので探してみるといいでしょう。薬剤師さんや店長さんに話しかければ丁寧に教えてくれるはずです^^

 

suppliment

 

ビタミン系のサプリをすすめたのは、普段から足りていない成分があるからです。食事はきちんとバランス良く食べていますか?偏食ぎみであれば、カラダに足りていない成分が必ずあります。脳に栄養が行かなければイライラしてしまいます。

 

貧血状態は栄養不足の典型的例です。自分のカラダの状態をきちんと把握しましょう。

 

また、ストレスを溜めている場合もPMS(月経前症候群)や生理中のイライラが酷くなります。そんなストレスに効果的なのがビタミンBなんです。

 

プラセンタはホルモンバランスを整えてくれる役割があります。 プラセンタを摂取する事で、大量分泌している黄体ホルモンと足りていないエストロゲンのバランスを取るように働きかけてくれます。

 

しかし、美容外科などで打ってもらえるプラセンタ注射とちがって、消化しながらの摂取になりますので、効果は他のものに比べると低いですし、コスパはあまりよくありません。お金に心配がいらないのであれば、粒よりもすぐに吸収してくれる液体プラセンタをおすすめします。

 

これらの製品でイライラが改善しなかった場合、いま過ごしている環境がよっぽどストレスを与えている可能性もあります。今の時代ストレスフリーになる事は難しいかもしれませんが、環境を変える事も一つの手です。

 

また、ピルでダイレクトに女性ホルモンのバランスを取ることを検討するのも、自分のカラダの事を思うと必要かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)