カラダとココロに関する悩み・質問

qa
公開日:2016/03/30 17:56:47

Q&A:PMS(月経前症候群)と自律神経失調症は違うのでしょうか?

LINEで送る
Pocket

PMS(月経前症候群)と自律神経失調症は違うのでしょうか?

 

一人暮らしを始めてから、生理前になるとかなりカラダがだるくなり、気持ちも落ち着かない日が続きます。まだ一人暮らしを始めて2ヶ月しか経っていないので、はっきりPMS(月経前症候群)とも言えません。もしかしたら春だし自律神経失調症の可能性もあるのかな?と思う事もあります。PMS(月経前症候群)と自律神経失調症とは何が違うのでしょうか?

 

LINEで送る
Pocket

生理が終わっても症状が改善されなければ自律神経失調症を疑ってみましょう。

PMS(月経前症候群)とは、生理10日前辺りからカラダに様々な不快感を感じ始め、生理が始まると途端に症状が改善することを指します。

 

PMS(月経前症候群)自体、ホルモンバランスなどが原因で自律神経に影響を与えている部分もあるので、自律神経失調症もPMS(月経前症候群)も症状はほぼ同じです。

 

見極めるポイントは生理が終わったにも関わらず体調が改善しない場合。この時は他の病気を疑う必要が出てきます。

 

自分がどちらか分からないと感じるようであれば、カレンダーに体調日記をつけてみましょう。自分がどんなリズムで体調が悪いのかまずは調べてみるのです。

 

もちろん、それが自律神経失調症の可能性もありますが、ホルモン関係の病気は他にも様々な病気が考えられる為、一つに絞らずに様々な病気の面で症状をチェックしておきましょう。

 

メモ

 

我慢できないと感じたら、すぐにでも病院を受診する事が大切です。まずは婦人科を受診してもいいですし、精神面に強く症状が出るようであれば心療内科や精神科を受診する事も視野に入れてみてください。

 

では仮に一人暮らしを始め環境が変わり、そのことがストレスで自律神経失調症を発症していたとします。

 

情緒が安定しなかったり喉に異物感、不眠など様々な症状が現れるようになっていることでしょう。

 

どうやって改善しようかな?と思っても、これがとっても嫌!という意識的問題が強い分、根本的にストレスを解消しないと自律神経失調症だけでなくどちらにしろPMS(月経前症候群)の改善もできません。もしかしたら生理が遅れたり止まってしまうことも考えられます。

 

病気は気からといったもので、一人暮らしを始めると、ちゃんとやれるかという不安が積み重なってストレスや疲れがたまり簡単に体調を崩しやすくなります。

 

それだけでなく、春の季節は会社や学校での新しい人間関係にストレスを感じたり、五月病といった鬱に掛かりやすい季節でもあります。

 

cherry-blossoms-785264_960_720

 

さらには食事面での手抜きが増えてくるんですよね。

 

なかなかひとりで30品目使ったような食事は出来ませんし、むしろ体調を崩せば外食やご飯を食べないといった事も増えてくるでしょう。

 

これらは想像がつくかと思いますが、体調を崩すきっかけになってしまいます。元気を出したくても出す為のエネルギーが無い状態になってしまいます。

 

一人暮らしで掛かるストレスから抜け出す為には、やはり出来る限り早めに一人暮らしに慣れることです。

 

食事は休みに作り置きし、足りないと感じる栄養素、特にストレス改善にも繋がるビタミンB群などはサプリに頼っても良いでしょう。

 

荒れ改善にも繋がるビタミンCや亜鉛なども時には必要かと思います。

 

夜更かしはせずに睡眠はしっかりとり、朝日を浴びてPMS(月経前症候群)や自律神経失調症改善に必要となるセロトニンの分泌を促す事も忘れずに。

 

家の外から貰ってくるストレスは、ストレッチや入浴、女子会を開いて愚痴大会をするなど、気分転換になることを行ってみてください。

 

最後に、自分はきっと自律神経失調症なんだ!!!!と思い込む事も止めましょうね。勘違いだったとしても、人間の勘違いや思い込みは本物にしてしまう強さを持っています。小さい事でも楽しい、幸せと感じれるナニかを見つけて心の支えにしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)